Perfect Darkの初期設定と使い方

Perfect Dark(パーフェクトダーク)は人気ファイル共有ソフトWinnyやShareと比べてとても扱いやすくなったP2Pソフトウェアですが、使用する際には初期設定が必要です。当サイトではPerfect Darkを使用するための設定方法と使い方についてご紹介しています。

unity、ノード追加、ポート解放など初心者の方は慣れない作業や言葉が多少出てきますが、図解をしながらご紹介していますので、ひとつずつやっていけばきっとクリアできると思います。

当サイトでは各ページごと順番に誘導してご説明していますので、これまで初期設定がうまくいかなくて途中で断念してしまった方も、ぜひ一度ご覧くだい。

Perfect Dark本体はこちらのページからダウンロードできます。

最新の初期ノード

ノード一覧100を記載しています。上位に表示しているノードが最新のノードです。
(※注意:#から#までが一行です。)

パーフェクトダークについて

Perfect Darkが最も優れている特徴として、かなり高い検索能力を持っていることがあげられます。

国内の有名なファイル共有ソフトであるWinnyやShareは、目的のファイルに合ったクラスタキーワードを前もって設定する必要があり、またキーワードを設定して実際に効果が現れるまで時間がかかってしまう問題がありました。

その点、Perfect Darkはキーワード検索の優れた能力と誰でも簡単に検索できる手軽さが魅力で、WinnyやShareのファイル共有ソフトの後継となる存在だとも言われています。

また、高い検索能力だけでなくツリー検索を導入しているので、検索したキーワードの中から、さらに柔軟な絞り込み検索を行う、といった使い方ができます。これは数多くのファイルの中から一番ベストなファイルを見つけ出すのにとても有効です。

他にも保持するunityが集まれば効率的なダウンロードができるようになる公平なネットワーク設計により、「ダウンロードできない」といった現象を防止しています。

ご注意ください!

商用の著作物をインターネット上にアップロードする行為は違法です。ダウンロードにおいても違法コンテンツと知りながらダウンロードした場合は刑罰の対象となります。

その他、個人情報、ウイルス、人的被害が発生する恐れのあるファイルを決してアップロード・ダウンロードしないよう、使い方には十分注意してください。

Perfect Darkを使用する場合は必ずウイルスセキュリティソフトを導入しておきたいところです。

「まだ導入していない!」、「セキュリティの性能は大丈夫かな!?」という方は、下記セキュリティソフトのご紹介を一度ご覧になってみてください。

まずはウイルス対策を!

初期設定

その他設定

実際に使ってみる

よくあるトラブル

関連情報