1. TOP
  2.  > IPアドレスの固定方法

IPアドレスの固定方法

ポート開放設定時にIPアドレスが変動してしまうトラブルを解決する方法です。

IPアドレスは固定しなくてもポート開放は可能ですが、一般的にパソコンのIPアドレスは「自動取得」で設定されているため、ルーター側でポート設定を行っても何らかの理由でIPアドレスが変動してしまうことがあります。そうなると突然Perfect Darkが接続できない、ダウンロードできない・・・といった症状がおこります。

たとえば、昨日は「192.168.11.3」だったIPアドレスが、今日は「192.168.11.4」になってしまったせいでPerfect Darkが使えなくなったとします。そうなると、ルーター側に一度設定したポート設定のIPアドレスを「192.168.11.3」から新しい「192.168.11.4」に設定しなおさなければなりません。

これはIPアドレスをあらかじめ決めておき、IPアドレスを固定して設定しておくことで防ぐことができます。突然ダウンロードできなくなった!というトラブル防止になります。

まずはコマンドプロンプトで現在のIPアドレスを確認します。下記はWindows7の画面です。『スタート』ボタンから検索欄に「cmd」と入力します。windows8の場合は、画面の一番左下までカーソルを持っていって右クリックすると『コマンドプロンプト』が選択できます。

参考程度に、Windows8では『すべてのアプリ』から『コマンドプロンプト』を選択することもできます。

コマンドプロンプトを開いて赤丸の箇所に「ipconfig」と入力しEnterキーを押します。すると四角赤枠部分が表示されますが、「192.168.11.8」というのがIPアドレスになります。これでIPアドレスが確認できました。

実際にIPアドレスを固定させる設定を行います。『コントロールパネル』を開きます。

コントロールパネルのメニューから「ネットワークの状態とタスクの表示」を選択します。

画面左側の「アダプターの設定の変更メニュー」をクリックします。

インターネット接続をしているアダプタを右クリックして『プロパティ』を選択します。

インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)をクリックして選択しプロパティボタンをクリックします。

『次のIPアドレスを使う』の項目に、先ほどコマンドプロンプトで調べた内容を入力します。『次のDNSサーバーのアドレスを使う』の項目の、優先DNSサーバーにはデフォルトゲートウェイと同じ内容を入力してください。

そして最後にOKをクリックします。IPアドレスの固定は完了しました。これでIPアドレスが変動することによるポート解放のトラブルはもうなくなりますね。

まずはウイルス対策を!

初期設定

その他設定

実際に使ってみる

よくあるトラブル

関連情報